株式会社一心太助

  定 款


ホーム 月極駐車場消火用具 アクセスシリカ天然水
東山クラブ 英語劇 コンサル定款 よろず便利屋

第1章 総 則
(商号)

第1条 当会社は、株式会社 一心太助 と称する。

(設立の趣旨)
2条 当会社は、一心太助の精神で、困っている人を助けることをその設立の趣旨とする。しかし、営利法人として存続するため、黒字経営を維持することを目標とする。

(目的)

第3条 当会社は、次の事業を営むことを目的とする。

1. 不動産の保有、受託管理、賃貸並びにコンサルティング

2. 駐車場の運営及び受託管理

3. 企業経営全般に関するコンサルティング

4. 環境問題に関するコンサルティング

5. 物品買取販売(古物の買取販売を含む)にかかわる業務全般

  農作業の請負業務にかかわる業務全般

7.  社会福祉関連事業に関するコンサルティング

8.  NPO法人に関するコンサルティング

9  個人のお悩みや生活全般に関わるご相談事業

10. 上記各項に関する一切の業務

(本店所在地)

4条 当会社は、本店を岡山市中区に置く。

2)  当会社は、営業所を設置することができる。

(広告の方法)

5条 当会社の広告は、官報に掲載してする。

 

               第2章 株式

 

(発行する株式の総数)

6条 当会社の発行する株式の総数は、3000株とする。

(株券を発行)

7条 当会社の株式については、株券を発行しない。

 

(株式の譲渡制限)

8条 当会社の株式は、株主総会の承認を受けなければ譲渡又は取得することができない。

 

(基準日)

9条 当会社は、毎営業年度末日の最終株主名簿に記載された議決権を有する株主をもって、その決算期の定時株主総会において権利を行使すべき株主とする。

 2) 前項の場合のほか、株主又は質権者として権利を行使すべき者を確定するために必要がある場合には、臨時株主総会の決議により、あらかじめ広告して臨時に基準日を定めることができる。

3章 株主総会

10条 当会社の定時株主総会は、営業年度末日の翌日から2ケ月以内に召集する。

   2 株主総会を招集するには、会日より1週間前に、各株主に対して招集通知を発するものとする。

(議長)

11条 株主総会の議長は、社長がこれに当たる。社長に事故あるときは、あらかじめ株主総会の定める順序により、他の取締役がこれに代わる。

(決議)

12条 株主総会の普通決議は、法令又は定款に別段の定めがある場合のほか、出席した総株主の議決権の過半数をもって行う。

   2) 株主総会の特別決議は、総株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行う。

4章 取締役及び代表取締役

取締役の選任)

13条  当会社の取締役は、株主総会において総株主の議決権の3分の1以上に当たる株式を有する株主が出席し、その議決権の過半数の決議によって選任する。

    2)当会社の取締役の選任については、累積投票によらないものとする。

   

(取締役の任期)

14  取締役の任期は、就任後10年以内の最終の決算期に関する定時株主総会の終結の時までとする。

    2)補欠又は増員で就任した取締役の任期は、他の在任取締役の任期の満了すべき時までとする。

(代表取締役社長)

15条 取締役を2名以上置いた場合は、当会社の代表取締役社長は、株主総会において総株主の議決権の3分の1以上に当たる株式を有する株主が出席し、その議決権の過半数の決議によって、取締役の中から、1名選任する。

 2)代表取締役社長は、当会社を代表し、会社の業務を統括する。

(取締役の責任免除)

16条 当会社は、会社法第426条の規定により、株主総会の決議でもって、同条第423条の行為に関する取締役(取締役であった者を含む)の責任を法令の限度において免除することができる。

    

17条 取締役の報酬並びに退職慰労金は、それぞれ株主総会の決議をもってこれを定める。

5章 計算

(営業年度)

18条 当会社の営業年度は、毎年11日から同年1231日までの年一期とする。

(利益配当)

19条 利益配当金は、毎決算期現在の株主名簿に記載された株主又は質権者に支払う。

    2)利益配当金がその支払提供の日から満3年を経過しても受領されないときは、当会社はその支払の義務を免れるものとする。 

 

 


お別れの言葉